呼吸器外科専門医合同委員会

The Japanese Board of General Thoracic Surgery

新専門医制度による専門研修基幹施設・専門研修連携施設の申請条件

専門研修基幹施設

  • 1.初期臨床研修の基幹型臨床研修病院の指定基準を満たす教育病院の水準を保証すること.
  • 2.施設機能:集中治療室など急性期重症患者の治療設備を備えていること,医療安全管理部,倫理委員会,感染対策委員会などの研修管理システムおよび専攻医研修(※1)のための設備などを有すること.
  • 3.専門研修基幹施設が中心となり,各専門研修施設が研修のどの領域を担当するかを専門研修カリキュラムに明示すること.
  • 4.指導体制:常勤の専門研修カリキュラム統括責任者1名と専門研修指導医が1 名以上いること.(※2)
  • 5.手術実績:呼吸器外科手術を直近3年平均して150例/年以上有すること.
    肺葉切除・区域切除の手術数が直近3 年平均して10 例/年以上あることとする.
  • 6.専門研修実績:申請時より過去3 年間に1 名以上の呼吸器外科専門医を養成した実績があること.
    (ただし,当該施設単独ではなく当該の呼吸器外科専門医取得者が研修を受けた実績があれば,これを可とする)
  • 7.CPC や合同カンファレンスが定期的に開催されている.
  • 8.医療安全,医療倫理,感染対策などの教育講演が定期的に開催されている.
  • 9.National Clinical Database(NCD)の登録認定施設である.

専門研修連携施設

  • 1.専門研修連携施設担当者(日本呼吸器外科学会会員とする)がいること.
  • 2.指導体制:専門研修指導医がいること.ただし,常勤の外科専門医がいて専門研修基幹施設より専門研修指導医の応援が得られる場合はこれを可とする.
  • 3.施設機能:集中治療室など急性期重症患者の治療設備を備えていること.医療安全管理部,倫理委員会,感染対策委員会などの研修管理システムおよび専攻医研修のための設備などを有すること.
  • 4.手術実績:呼吸器外科手術が直近3年平均して25 例/年以上あること.
  • 5.National Clinical Database(NCD)の登録認定施設である.

※1 呼吸器外科専攻医

外科専門医資格取得後、呼吸器外科領域の専門医研修中の医師

※2 専門研修カリキュラム統括責任者

呼吸器外科専門医更新歴2回以上かつ日本呼吸器外科学会評議員となる資格を有する医師

  専門研修指導医

呼吸器外科専門医更新歴1回以上の医師

  専門研修カリキュラム統括責任者と専門研修指導医は同一でもよい

更新日:2019年9月24日